実用的な業務の効率化が図れる会計システムの情報サイト

さまざまな視点から選ばれている今注目の会計システムオススメランキングTOP5

クレオ

  • 円滑な企業効率化を目指す最新の会計システム
  • 各種データ分析が簡単になり作業スピードがアップ
  • 通常の業務をコンパクトにしてミスを防ぐ効果

会社にとってわずらわしい各種業務を効率化

組織運営にとって必要不可欠な人材管理や給与管理などを、一度にスマート化させるのがクレオの会計システムです。多くの企業から支持される質の高いサービス内容が期待できるでしょう。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

クレオに対するみんなの口コミ

  • 非常に面倒くさかった会社の管理業務全般が、この会計システムのおかげでかなり楽に簡略化されました。経営における問題点をすぐにチェックできるので、無駄の無い業務を提案する事が可能となりました。かなり役立つシステムですね。...

  • 最初は会計システムについてよく分からなかったのですが、利用してみて納得のサービス内容でした。データ管理が大変だった人事や給料に関する問題が、とっても分かりやすくなって感謝しております。業務上のトラブルも少なくなりました。...

  • こういった会計システムを導入している会社は多いみたいですね。我が社でも人事管理を円滑にするため、思い切って採用してみました。人材の無駄がこれでカットされる事に繋がり、より効率的な会社運営を実現できています。...

オービック

  • 加速する現代ビジネスを支えるシステムバックアップ
  • すべての情報処理を一元管理できる優良システム
  • 最新のクラウドソリューションにも柔軟対応

豊富な対応業務内容が新しい会社運営を実現

特にIT業界など細かなデータ管理が必要とされる会社なら、オービックの会計システムは外せないサービスだと言えるでしょう。様々な情報処理を簡略化してくれる最新の会計システムです。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

オービックに対するみんなの口コミ

  • お店の在庫管理もこちらのシステムのおかげで随分楽になりました。その甲斐もあり、不必要な残業も起こりづらくなっています。今ではどんな商売でもITテクノロジーが必要不可欠ですので、こういった効率化システムの需要がより高くなると思...

  • あってはならない事ですが、我が社では今まで従業員への給料振り込みミスが多くありました。それは非常に問題だったので、今回管理の専門家にサポートしてもらう事にしました。効果は非常に高く、以降給料の振り込みミスは一切発生しておりま...

  • いまいちどんなメリットがあるのか分かりにくかったのですが、実際に会計システムを導入してみたところ、その成果にかなり驚かされています。人事管理に使っているのですが、明らかに前年度より業務の生産性が向上していますね。本当、あなど...

スーパーストリーム

  • アフターフォローの手厚い優良管理サービス
  • 大手有名企業のインフラ整備も手掛けた実績
  • 会社を構成する3要素を具体的に可視化するシステム

20年を超える豊富なサービス実績

企業にとって何が必要で何が不要かを確認できるのがスーパーストリームの会計システムであり、中小企業だけでなく、大手企業を中心に導入事例が多数となっています。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

スーパーストリームに対するみんなの口コミ

  • 会社のお財布事情を分かりやすくしてもらえるので本当に助かっています。緻密なデータ管理は少人数だと限界がありますが、こういった効率化システムがあれば人手不足もかなりフォローしてもらえますね。有能な事務員が数名入社したくらいの価...

  • 思っていたより会計システム導入に料金がかからなかったのが嬉しかったです。提供された管理ソフトもインターフェースが分かりやすくユーザビリティも優れているので、パソコンが苦手な私でもすぐに使い方を理解する事ができましたよ。この価...

  • さすが大手企業を数多く手がけただけあり、優れたサービス内容だと感じました。会社の複雑化した人事周りを綺麗に整理してくれるので、色々と重たかった事がとっても軽くなって助かっています。アフターフォローもしっかりしているので、今後...

SCSK

SCSK

IT環境の変化に対応できる最新システム

IT業界の流動的な変化に対応できるのがSCSKの最新サービスです。サーバ仮想化やクラウドなど、新しいITテクノロジーも一括対応できるでしょう。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス

より「人財」に強い管理機能が豊富

企業を支える人財に重きを置くのが株式会社電通国際情報サービスです。適材適所で無駄の無い人事配置を目指すなら導入すべき管理サービスです。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

会計システムの基礎知識

休憩する男性

リプレース(入れ替え)のタイミング

会社企業が特定の状況になった際、会計システムのリプレイスが必要となるケースがあります。リプレイスとは入れ替えを意味するIT用語であり、代表的なのがパソコンのOSサポート期間終了に伴うリプレイスです。会計システムのリプレイスの多くはこのパターンなので、IT業界に限らずパソコンを使った業務を行っている会社は、会計システムのリプレイスに備えて予めOSのサポート終了期間について事前把握をしておきましょう。もちろん使用している会計ソフトそのもののサポート期間終了もありますので、こちらも併せてリプレイスを考えておくのが大切です。
サポート期間終了以外では、会社自体の環境変化などもリプレイスを行うタイミングになります。会社経営が軌道に乗り、事業が拡大した時などは処理すべきデータ量もどんどん膨大になっていきます。既存の会計システムでは対応できなくなった場合、より高性能な会計システムへのリプレイス時期だと言えるでしょう。
その他では、法制度改正をきっかけに会計システムのリプレイスを行うケースもあります。特に頻繁に変動しやすい消費税率などは、販売店などのデータ管理において重要な事となりますので、対応できる会計システムへのリプレイスが必須となるのです。

電話中の男性

移行とリプレース(入れ替え)の注意点

スマートな会計システムのリプレイスを実行するためにも、事業主や管理者はリプレイスの注意点について覚えておく必要があります。会社の状況が変化して会計システムの乗換を行う時にまず気を付けなければならないのが、データ移行の問題です。会計システムの乗換には、古いシステムから新しいシステムへ必ずデータ移行をしなければなりません。蓄積してきた会社のデータを新しい会計システムへ乗換させる際、受ける側のシステムが別メーカーのソフトウェアであった場合、会計システムの乗換はスマートに運びづらくなるでしょう。古いシステムと同じメーカーのソフトであれば、こういった不都合は比較的軽度になるのを覚えておいて下さい。
また、新システムを運用テストしながら旧システムも使っていく事となりますので、一定期間における会社の業務内容が増加してしまうという問題もあります。「並行運用」とも呼ばれますが、非常に手間のかかる状況と言えます。とはいえ並行運用をせずに会計システムの乗換を行うのはサービス提供事業者の技術力が求められますので、基本的には避けて通れない項目だと認識しておきましょう。
このように、古い会計システムから新しいシステムへリプレイスを実行するにはいくつかのハードルがありますので、実行にあたっては予め綿密な計画を立てておくのが失敗しないやり方となります。

目頭を押さえている男性

クラウドへ移行する企業が増加

会社のデータ管理と共有しやすさのメリットから、多くの企業でデータ管理をクラウド移行するケースが増加しつつあります。そういった事からも、新規の会計システムを導入する際、クラウドに対応・特化しているサービスを優先的に採用している会社もあるのです。
とはいえ、データ管理のクラウド化についてある程度具体的な特徴を知っておかなければ、せっかく会計システムを導入したとしても存分にパフォーマンスを発揮させる事ができなくなります。
最近の優良会計システムサービス会社では、こういったクラウド移行に強い業者が増えており、初めて会計システムの導入をやろうとしている企業にも分かりやすくクラウド移行のメリットをアドバイスしてくれています。
データ管理におけるランニングコストやセキュリティ面など、実際にクラウド型の会計システムを導入した場合、どういった成果や利益を見込めるかを丁寧にシュミュレーションしてくれるでしょう。インターネット環境に関するインフラ整備など、データ管理のクラウド移行を検討している会社は専門家の知識を参考にしてみて下さい。優良業者ほど、クラウド移行アセスメントを丁寧に実施したうえで、その会社に一番最適な会計システムの導入プランを提案してくれるはずです。

こちらを見ている男性

会計ソフトの導入でありがちな3つの失敗例

会社の経営を最適化してくれる便利な会計システムですが、会計システムの機能やツールを正しく使いこなせていないと、思わぬところで失敗や損失を招く事となってしまいます。いくつかある会計システムの失敗ケースの中でも、頻繁に起こりやすいパターンを簡単に説明しておきます。
まず一つ目は、「法改正に振り回される」です。財務会計とうい分野は、法制度に沿ったうえで各種書類を作成しなければなりません。しかし、こういった財務諸表というのはルールが頻繁に変更されるので、企業側もそれに随時対応しなくてはならないのです。使用している会計ソフトが法改正に対応できていない場合、ソフト乗換を随時行うための諸経費が発生してしまうデメリットがあるのです。
次の問題点が、「経営層の求める分析資料をまとめにくい」です。会計ソフトの多くが管理会計に関する各種機能のカスタマイズ性が低いという事もあり、経営層の求める最適な資料作成を作りづらくなているのです。その結果、全く別のソフトを使って資料作成する手間が発生するのです。
最後は「別の会計システムとの連携でトラブル」となります。効率的なデータ管理ができる一方で、他メーカーの会計システムとはかみ合わせが悪いケースも多いのが特徴です。そうなった場合、状況改善に時間と手間とコストが追加発生してしまうでしょう。
このように、会計システムには失敗例というのがあります。導入の際はよく踏まえておくのが基本となります。

会計システムのコラム

会計システムランキング

TOP