家は人生最大の買い物であると言われている。
だからこそ、家づくりには住人の思いや願いが込められているのも当然なことであろう。
例えば、高齢者がいる世帯ではバリアフリー化や動線を踏まえた機能性を高めたいし、小さな子どもがいるところでは遊び心のある部屋を設置するなど、その時の世帯主の考えが反映しよう。
その中でも、家本来の安心で快適な居住性を担保するためには、どのような視点が大切であろうか。
それは建築施行者を選ぶ際にも重要になってくる。


 その視点の一つに地産地消の家づくりがある。高温多湿で、近年はヒートアイランド現象や集中豪雨がより身近になってきた日本において、ヨーロッパ風の建築様式を真似たとしても、やがて脆弱な家づくりを後悔することになるだろう。
やはり、伝統的で身近な工法や素材を用いたほうが日本の家づくりには合っている。
日本の木造工法や瓦や漆喰を用いた外壁づくりはその典型であり、その中には耐震ならびに吸湿の知恵が底流にある。漆喰の原料に地域の貝殻を用いているところさえあり、こうした工夫により家屋の吸湿性は抜群にアップするのだ。地産地消の視点を家づくりに生かすことが思いのほか日本の自然にマッチすることは言をまたない。一戸建て住宅の購入は人生において、ほとんどの方が人生のうちで一番高い買い物になります。
最近では自分で家づくりができる自由設計を売りにした住宅の販売が多く、新築で建っている家を見てもモダンな形など様々な形式の家が建てられています。しかし建築について素人の考えでは失敗も多く、建てた後にあそこをこういう感じにしとけば良かったや間取りの取り方をもう少し変えとけば良かったなどの後悔が出てしまうものなので、家づくりは慎重に行うことが必要となります。



家づくりをする上で室内が暗い家より明るい家のほうが良く、窓が家に与える影響を良く知っておくことが必要となり、闇雲に多く窓を設置すると建物自体の強度が下がることを頭に入れて家づくりをしなくてはいけません、その中で良いアドバイスをしてくれるハウスメーカーを選ぶことも良い家づくりに必要なことです。家への採光と強度のバランスが取れた窓の配置は素人では、なかなか難しくプロのアドバイスも参考にして考えていくことがとても良いです。