池袋で魅力的なダイビングスクールの探し方

一般的にダイビングのライセンス取得をするには、オープンウォーター・ダイバー・コースを受講する必要があります。このコースは、学科・プール講習・海洋実習の3ステップからなり、日本では4日間におよぶ受講が一般的です。学科、プール、海洋実習は受講を連続でする必要はなく、体力などを考慮し、1か月位の間に終了するように日程組みをするのが良いとされています。通常、ライセンスを取得した後は、ダイビングスクールなどが主催するツアーに参加してダイビングを楽しむという方が多いと思います。ですので、ライセンスを取得する「場所」は大切な要素となってきます。受講するのに便利な立地条件でありながら、情報や仲間も豊富であることに越したことはありません。東京池袋のダイビングショップならその全てが備わっています。

人気な立地条件、人が集まると情報も豊富

通いやすいダイビングスクールでライセンスを取得し、その後もスクールが主催するツアーに参加したい、これがダイビングのライセンスを取得する際に重要な要素となり得ると思うのですが、その点東京の池袋なら、西武池袋線、東京東上線、JR線を利用して都内に通勤、通学している方々から支持を得ています。ダイビングツアーへ参加する際も、集合・解散が池袋駅になるのでとても便利なわけです。駅から近ければ近いほど便利ですが、スクールを選ぶ際には、ライセンスの種類がとても重要になってきます。世界各国で認められているPADI認定以外にも、国内だけでも20団体のライセンス発行団体が存在します。せっかく既定の講習を受講してライセンスを取得しても沖縄や海外にダイビング旅行へ行った際に、PADI以外の団体のライセンスは地域的に通用しないと言われてしまうことがあります。

世界中のダイバーのシェア7割のPADI!

世界中では認知されていない指導団体が多い中、PADIは世界中のダイバー7割のシェアを占めていますので、取得するならPADIのライセンスであるかどうかの確認が必要でしょう。信頼できるライセンス発行団体なのかわからない場合も、PADIでライセンスを取得しておけば世界中でのダイビングが楽しめるので安心です。ダイビングのライセンスを取得した後も気軽にダイビングを楽しみたいなら、レンタル機材やレンタルスーツを完備しているところがおすすめです。ライセンス取得後、すべてのダイビング道具をそろえるのは出費ですし、まだ続けられるか、正しい装具を買うことができるのか、リスクを伴います。何度もダイビングに通ううちに自分の好きな道具が見つかってきた、なんて話もあります。まずはレンタル豊富な池袋のダイビングスクールでライセンスを取得すると、買わなくてもツアー参加が可能なので気軽に続けたい方に最適です。