会計システム関連情報

HOME上場する前に知っておきたい会計とは

最終更新日:2017/09/19

上場する前に知っておきたい会計とは

パソコンを使っている髪の長い女性

企業が上場する前には、監査法人による事前調査が行われます。その際は会社の銀行や現金の残高チェックを始め、各種会計情報を事前確認しておく必要があります。株式上場前に事前準備に関して、気にしておきたいポイントや会計ソフトなどを知っておきましょう。
一般的に企業の株式上場というのは時間を必要とする事であり、短くても3年以上はかかってしまうのも普通です。前述したような監査法人による事前調査に時間がかかるため、ある程度一定の時間を余裕持って考えておく必要があるのです。そしてその監査内容ですが、企業の経理や会計管理に何か問題点が無いかを調査しています。
銀行残高のチェック、仕訳けしている根拠のチェック、売掛金、適切な仕訳時期、決算書の数字の増減などなど、監査法人のチェック項目は複数あります。もしもこれらのチェックを行った際に何か不手際や問題点が見つかってしまった場合、企業に対してある程度のペナルティが課せられてしまうので注意が必要です。
そういった会社にとっての不利益を回避するためにも、各種便利な会計ソフトは役立つ存在です。自社で会計処理を行ううえで、注目すべきは上場企業向けの内部統制報告書が必要となる点です。上場審査を受けるためにはこういった必要書類の作成が必要となるので、それを効率的に作成する意味でも便利な会計システムは十分に活用していくのが基本となります。
しっかりとした会計システムを元に監査法人の事前準備を行っておけば、時間を必要とする株式上場手続きもスムーズに進行しやすくなります。これは企業の規模に関係ない事ですので、上場を申請する際はしっかりと会計システムを利用した事前準備を行っておくようにして下さい。
「予算管理」「資産管理」「勤怠管理」など、上場前に確認しておくべき項目は沢山あります。健全な株式上場を実現するためにも、スマートで効率的な会計システムを使った書類作成などを行ってみて下さい。同時に会社経営の見直しも行えますので、企業にとって数多くのメリットがあると言えるでしょう。最近では株式上場に関して詳しい情報をまとめた専門サイトも沢山ありますので、専門書籍や専門家のアドバイスと併せて幅広く情報収集しておくのも参考になります。同時に、会社へ導入する会計システムは将来的な拡張性や機能の使い勝手などをよく確認したうえで選んでいくのが無難です。より良い株式上場のためには健全な会計システムの活用が必要不可欠な時代となりました。

一覧はこちら

会計システムランキング

TOP